スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年度使用中学校教科書展示会

現在、全国各地で教科書展示会という催しが開催されています。

これは平成24年度から公立中学校で使用する教科書を
選択する手続きの一環で、文部科学省の教科書検定に
合格した教科書が展示されているものです。

会場にはその教科書についてのアンケートが併設されており、
地元教育委員会に意見を伝達できるようになっています。

教科書の採択は通常4年に一回の貴重な機会です。
日教組はこの展示会にOBの大量動員をかけ、
現場の教師が望む教科書が採択されるよう後押ししています。

そして毎回、ほとんどの自治体で自虐史観まみれの教科書が
採択されています。この仕組みは強固に確立されており、
崩すのは容易ではありませんが、諦めてはなりません。

各地の展示会日程は自治体のウェブサイトで探すか、
役所に問い合わせて下さい。


また、私はその次の行動も予定しています。

それは、教育委員会への陳情です。これも各自治体で
書式や提出方法に違いがあるようなのでご確認下さい。

私は以下の文面で提出予定です。参考になれば幸いです。


―――――――――――――――――――――――――――――


               陳 情 書

○○市教育委員会 様               平成23年6月  日
委員長 ○○○○ 様              <住所/記名/捺印>
                         

  平成24年度に使用する中学校用歴史および
  公民教科書の採択に関する陳情


日頃の教育行政への多大なるご貢献に感謝申し上げます。

1. 陳情の要旨

教科書展示会で各社の教科書を読み比べました。
全て文部科学省の検定という共通の基準をクリアしている
ものですが各社の違いや創意工夫が感じられました。

私は平成18年の教育基本法改正により明示された教育目標
「伝統と歴史を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を
愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に
寄与する態度を養うこと」や、学習指導要領に盛り込まれた
「歴史上の人物や出来事などについて調べたり考えたりすること」
および「受け継がれてきた伝統や文化への関心を高めること」
という点は歴史教育および公民教育の根幹であると考えます。

字の大きさや図表のレイアウトといった見た目も大切な要素ですが、
この根幹を重視してご採択下さいますよう、ここに陳情申し上げます。

2. 陳情の理由

検定に合格した各社の教科書には様々な違いがあります。
このため、教育基本法や学習指導要領への適合の度合いが
違っています。検定に合格したことをもって、教育基本法や
学習指導要領を満たすものとは言えません。
各社の教科書の違いを三例挙げます。

(1) 創氏改名について
     創氏と改名は別々の事柄ですが、これを一体に扱う教科書が
    5冊、切り離して論ずる教科書が2冊あります。
(2) ハル・ノートについて
     日米開戦の重要要因ですが、これを取り上げている教科書が
    2冊、全く取り上げなかった教科書が5冊あります。
(3) 日中戦争の発端について
     上海事変を発端とする教科書が2冊、盧溝橋事件を示唆し
    て上海事変に触れない教科書が5冊あります。

このように、検定に合格した教科書でも重要な点で数々の違いが
あります。よって、教育委員会における採択検討の際、
個別の評価項目毎にきめ細かく教育基本法と学習指導要領への
適合性をご判断願います。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
検索フォーム
SNS-FreeJapan
日記等はこちら
SNS-FreeJapan
QRコード
QRコード
プロフィール

国籍スリーナイン

Author:国籍スリーナイン
2008年11月18日、国籍法改正の衆議院通過を知り、その内容に疑問を持ったことがきっかけでこのサイトを開設するに至りました。当初、日本国籍の緊急事態という事で「国籍99(救急)」というハンドル名を思いつきましたが、「国籍無い無い」とも読めて悲しい感じになるので9を追加して「国籍スリーナイン」に決定しました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。