スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でデモ行進参加者数を数える方法

2010年10月の六本木デモでは、自転車に搭載した
ビデオカメラでデモ行進を撮影しました。

この方法で沢山の方が参加したことはわかります。
おおよその参加者数もわかります。

しかし、小型の折りたたみ自転車を使用したため
撮影位置が低く、正確性には今一歩の部分がありました。

そこで、今回はより正確な参加者数計数を目指して、
デモ行進のルート上かつ、地上約3mの位置に
ビデオカメラを設置し、「頭数」が数えられるよう、
デモ行進を撮影しました。

証拠映像となるよう、ノーカットでの撮影です。
モザイク処理と、再生速度の調整を行って、
完成した動画が下記のものです。

ニコニコ動画

Youtube
11/6 日比谷デモ行進ノーカット


反省点としては予想以上に参加者のお顔が鮮明に
写っていたことです。デモ参加者は撮影される
可能性について了承されているとは思いますが、
それでも念のためモザイク処理を施しました。

このモザイク処理が手持ちのVideoStudio12では
上手く入れられず、公開まで時間がかかってしまう
原因となりました。

もっと真上から、頭だけ撮影できるといいのですが。

今回は普通のカメラ用三脚の上に、別の一脚を
ヒモでくくりつけ、その上にビデオカメラを載せましたが、
もっと高い位置にしたかったですね。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

つくる会、会員募集

10年後のために今、会員募集
私が新しい歴史教科書をつくる会の会員になったのは、
一年半ほど前になります。その理由を述べます。

私が保守活動をするようになった切っ掛けは2008年の
国籍法改正からですが、その後も人権擁護法案や
外国人地方参政権、国会法改正、子供手当、高校
無償化などなど売国法案が次から次へと湧いています。

それらの成立を阻止すべく行動し、現在も継続して
おりますが、同時にこうした売国行為は元から絶たねば
終わらないのではないかとも考えるようになりました。


具体的には教育現場から自虐史観を排除することです。


そのために新しい歴史教科書をつくる会へ入ったのですが、
一年半の活動で大きな問題があることに気付きました。

それは新しい歴史教科書をつくる会の高齢化です。

会員名簿など確たるデータに基づくものではありませんが、
どのイベントに参加しても若い人が全然いません。

どうも中心世代は60代のようです。定年退職された方は
自由な時間が多く参加率が高いのかも知れませんが、
感覚的に5割が60代、3割が70代、50代と80代が各1割と
思われます。

70代以上の方は体力の心配から実働から遠のくようです。
ということは、現在主力の60代が10年後、70代に
なる頃から、つくる会は衰退すると思われます。

これは、新しい歴史教科書をつくる会とたもとを分かって
発足した日本教育再生機構も同じでしょう。


さて、この二つの団体が衰退するとどうなるか?
それは、自虐的でない教科書が存在しなくなります。

将来、保守政党が政権奪取に成功して学習指導要領を
改正すれば現行の自虐史観教科書制作者が心を
入れ替えるでしょうか?それは期待薄です。

事実、前回の教科書検定にて、安倍政権の教育基本法
改正に伴って改訂された学習指導要領が適用されましたが、
これにのっとった教科書を制作したのは
新しい歴史教科書をつくる会による自由社だけでした。


では、新しい歴史教科書をつくる会が衰退後に、
教科書制作会社に頼らず教科書は作れるのでしょうか?

もちろん不可能ではありませんし、必要であれば
どんなに大変でもやり遂げなければなりません。


しかし、それは最悪のケースであり避けられるなら
避けるべきです。それには、現在活発に活動している
新しい歴史教科書をつくる会を衰退させず、
貴重な教科書制作のノウハウを引き継ぐべきだと思います。


そこで皆様にお願いします。
ぜひ、新しい歴史教科書をつくる会の会員になって下さい。


新しい歴史教科書をつくる会公式サイト:
http://www.tsukurukai.com/

会員の種類 会費(年額):
 学生会員  3,000円_
 家族会員  3,000円_
 普通会員  6,000円_
 正 会 員  12,000円_
 賛助会員 100,000円_
 法人会員 300,000円_

特典:
学生会員は会報『史』(隔月発行)年6回送付。
本部主催のシンポ、講演会の会員前売割引など。

そのほかの会員は上記の他、年1回行われる定期総会へ
の参加資格と本会運営に関する議決権を有します。


よろしくお願いします。

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

カウンター
検索フォーム
SNS-FreeJapan
日記等はこちら
SNS-FreeJapan
QRコード
QRコード
プロフィール

国籍スリーナイン

Author:国籍スリーナイン
2008年11月18日、国籍法改正の衆議院通過を知り、その内容に疑問を持ったことがきっかけでこのサイトを開設するに至りました。当初、日本国籍の緊急事態という事で「国籍99(救急)」というハンドル名を思いつきましたが、「国籍無い無い」とも読めて悲しい感じになるので9を追加して「国籍スリーナイン」に決定しました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。