スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でザッピング放送をする方法

NHKで放送された「ジャパンデビューアジアの一等国」に対する抗議デモが行われた。
2009年の5/16に第一回、6/20に第二回、6/27に第三回だった。場所はいずれも東京・渋谷。

第一回のでもは1300名以上の大規模デモとなった。しかしNHKは全国放送である。
デモに行きたいが遠くて行けない人も多かったようだ。

そこで第二回から有志がネットで生中継を行った。微力ながらこの生中継に参加した。
私も諸事情により現地参加できないので、2~3名の有志が流す生映像から、一番良いと
思われる映像ソースを選択(ザッピングと言う)して、ニコ生に再送信した。

初めてのことでもあり、かなり苦労したので、その体験をここでまとめる。

1.必要な機材

  ・パソコン --------- ノートパソコンでOKだが、ミニノートでは厳しい。
  ・ネット回線 ------- 光回線で行った。
  ・マイク ----------- パソコン内蔵マイクより、外付けマイクがよい。
  ・スピーカー ------- AVパソコン以外なら、外部スピーカーがよい。
  ・二台目のPC ----- 無くてもいいが、モニター用としてあると便利。
  ・仮想ウェブカメラ --- 画面の一部をウェブカメラからの映像のように入力する
                ソフトウェアカメラ。今回は「ManyCam」を使用。

3.必要な費用

  ・ニコニコ動画のプレミアム会員資格 ----- 月額525円
  ・ニコ生放送枠の予約 ---------------- 予約無しなら無料だが放送枠が空いてない
                    場合もある。予約する場合は100円かかる。
  ・ニコ生放送の延長 ------------------ 延長は30分で500円かかる。

4.機器の配置

  機器は下図の通りは位置した。
苦肉の策の音声再送信

  パソコンのファン音やキータッチ音を拾わないよう、パソコンとその他の機材はなるべく離す。
  本来、音声も仮想ウェブカメラで再送信できると良い。しかし、無理だった。
  良い案をお持ちの方、ご存じでしたら教えて下さい。

5.ソフトの起動

  ・現地からの生放送はUstreamかStickamで行われるので、
    あらかじめ放送予定のURLを開いておく。
  ・ManyCamを起動し、SourceタブのDesktopから画面の一部を入力するようセットする。
  ・ニコ動にログインし、ニコ生に必要なポイントを購入する。
  ・放送用のコミュを作る。コミュの紹介文にUstream/StickamのURLと
    実況用2chすれのURLを載せる。
  ・誰でも視聴できるよう、入室は自動認証にする。
  ・予約時刻になると放送できる。カメラとしてManyCamと、マイクとして外部マイクを選択し、
    配信開始ボタンをクリックする。
  ・30分経過すると自動的に終了してしまうので、必要ならその前に延長を行う。
  ・来場者席が少なくなってきたら、プレミアム会員にコミュへ入ってもらう。

6.注意事項

  ・ニコ生には家庭内の音も配信されてしまうので、静かにする。
  ・Ustream/Stickamの動画が止まっていたらリロードを行う。
  ・回復しなかったら別の映像ソースに切り替える。
  ・全ての映像ソースが止まっていたら、再放送として過去の映像を再生し、再送信する。
  ・その場合、再放送である旨、告知する。

7.感想

  ・デモの中継は音量変化が激しい。その都度、スピーカーとマイクの距離を調節するのが大変。
  ・映像も音声もUstreamが優れている。中継しながら同時に録画もできる。
  ・Stickamの中継しながら録画は1回最長1時間。
  ・集客力はニコ生が圧倒的。累計で第二回デモは1000人以上、第三回は1600人以上を集客。
    ただし、延長料金が高い。5時間も再送信したら5千円・・・(´;ω;`)
  ・音声の再送信の方法がかなり無理矢理で、家族から迷惑がられている。
    できれば、現地から直接ニコ生に配信して頂きたいが・・・う~ん。
  ・「音マダー」くらいは大丈夫ですが、「ちゃんとやろーぜ」とか「甘いんだよ」とか
    言われると結構凹みます。
  ・みなさまの「乙!」だけが心の支えです。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本
ジャンル : 政治・経済

カウンター
検索フォーム
SNS-FreeJapan
日記等はこちら
SNS-FreeJapan
QRコード
QRコード
プロフィール

国籍スリーナイン

Author:国籍スリーナイン
2008年11月18日、国籍法改正の衆議院通過を知り、その内容に疑問を持ったことがきっかけでこのサイトを開設するに至りました。当初、日本国籍の緊急事態という事で「国籍99(救急)」というハンドル名を思いつきましたが、「国籍無い無い」とも読めて悲しい感じになるので9を追加して「国籍スリーナイン」に決定しました。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。